So-net無料ブログ作成

23

23.jpg

「それはちゃんとできるかどうかの問題だよ」ちいさな王子は後になってぼくに言った。「朝、顔のお手入れがおわると、星のお手入れをきっちりしなくちゃいけない。バオバブはとても小さいときはバラの木に似てるけど、見分けがつくとすぐに引き抜くように、いつも努力しないといけないんだ。それはすごく退屈な仕事だけど、とても簡単さ」
 そしてある日、かれはぼくに立派な絵を描くことをすすめた。ぼくの星の子どもたちに、このことを理解しやすいようにね。かれはぼくに言った。「子どもたちがいつか旅行したら、それが役に立つかもしれない。仕事をあとまわしにしても、なんともないことってあるよね。でもバオバブが問題のときは、そうしたらいつも大惨事だ。ぼくはなまけものが住んでいる星を知っている。その人は三本の小さい木をほったらかしにしておいたんだ. . . 」
 そこで、ちいさな王子の言うとおりに、ぼくはその星の絵を描いた。道徳家のように言うのはあまり好きじゃない。しかし、バオバブの危険性についてはほとんど知られてないし、星で迷った人がおかす危険はとても大きいので、つつしみ深いぼくの例外として、一度言うことにする。「子どもたちよ! バオバブには、気をつけるんだよ!」 ぼくがこのバオバブの絵を一生懸命描いたのは、ぼくと同じようにずっと前から、知らないうちにあったすぐ横の危険を、ぼくの友人たちに知らせるためなんだ。この忠告の絵は苦労して描いただけの価値はあった。きみたちは不思議に思うかもしれない。どうしてこの本に、バオバブの絵と同じくらい立派な絵がほかにないのか、ってね。その答えはとても簡単さ。やってみたけど、うまくいかなかったんだ。バオバブの絵を描いたときは、急がなくちゃ、という気持ちで盛り上がっていたのさ。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。