So-net無料ブログ作成
検索選択

24

 

                       6

 ああ! ちいさな王子よ。ぼくはこうして、すこしずつ、きみのささやかで憂鬱な人生を理解してきた。きみは長い間、おだやかな夕日の景色しか楽しみがなかったんだね。四日目の朝、ぼくは新しい事実を知った。そのとききみはぼくに言った。
「ぼくは夕日が大好きだ。夕日を見に行こう. . . 」
「でも、待たなくちゃ. . . 」
「待つって、なにを?」
「日が沈むのをさ」
きみは最初とても驚いた様子だった。それから自分で自分がおかしくなって笑ったね。そしてぼくに言った。
「ぼくは今でも自分の星にいると思ってるんだ!」
たしかに、アメリカが正午のとき、みんなも知っているように、フランスでは日が沈む。夕日をながめるには一分でフランスに行ければいいだろう。あいにくフランスはそうするにはあまりにも遠すぎる。でもきみのとてもちいさな星の上だったら、きみのいすを何歩か引っぱるだけで充分だった。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。