So-net無料ブログ作成

26

26.jpg

そしてきみは見たいときはいつでも夕暮れをながめていた. . .  
「いつの日だったか、ぼくは四十四回も日が沈むのを見たことがあるよ!」
すこしたってから、きみはつけ加えていたね。
「ねえ. . . とっても悲しいときは、夕日がすきになるんでしょ. . . 」

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。