So-net無料ブログ作成

28

 「ああ!」
 しかしすこし黙ってから、かれはうらみっぽくぼくに激しく言った。
 「ぼくはきみを信用しないぞ! 花は弱いんだ。無邪気なんだ。できるだけ安心しようとしてるんだ。トゲがあれば、みんながこわがると思ってるんだ. . . 」
 ぼくはなにも答えなかった。その瞬間ぼくは心のなかで思っていた。
 ( このボルトがまださからうなら、ハンマーの一発でふっ飛ばしてやろう ) ふたたびちいさな王子はぼくの考えにじゃまをした。
 「で、きみは、きみは、ほんとに思ってるんだ。花が. . . 」 
 「ちがう、ちがう! なんにも思ってないよ! でたらめに答えただけなんだ。ぼくはさ、大事なことをしてるんだ!」
 かれはびっくりしてぼくを見た。
 「大事なことだって?」
 かれはぼくを見ていた。ぼくは手にハンマーをもち、指は汚れた油で黒くなり、かれにはとてもみにくく見える物に身をかがめていた。
 「きみは大人みたいな話しかたをするんだ!」
 そういわれてぼくはちょっと恥ずかしくなった。しかし、手きびしく、かれはつけ加えた。
 「きみはすべてをごちゃまぜにしてる. . . すべてをまぜこぜにしてるんだ!」

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。