So-net無料ブログ作成

2

                      

                レオン ヴェルトに

 この本をひとりの大人に捧げたことについて、ぼくは子どもたちに許しを求めたい。ぼくには確かな言いわけがある。その大人は世界で一番のぼくの親友だ。もうひとつ言いわけがある。その人はなんでも理解できて、子ども向けの本でさえわかるんだ。三つ目の言いわけがある。その人はフランスに住んでいて、飢えと寒さに苦しんでいる。かれはいやしをとても必要としている。これらすべての言いわけでも充分でないのなら、昔その人も子どもだったから、子どものころのその人にこの本を捧げるということにしたい。どんな大人も最初は子どもだった。 ( でもそのことを覚えている大人はほとんどいない ) したがってぼくはこの献辞を訂正する。
          
                 男の子だったときの 
                  レオン ヴェルトに 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。