So-net無料ブログ作成

9

9.jpg

かれはじっと見てから言った。
 「だめ!これはもう重い病気にかかってる。ほかのをかいて」
 それでぼくは描いた。

9-2.jpg

 ぼくの友だちはしょうがないなという感じで、かわいらしくほほえんだ。
 「わかるよね. . . これはぼくの言う羊じゃなくて、雄羊だよ。角があるもの. . . 」

9-3.jpg

 そこでぼくはまた描きなおした。
 しかしそれも前の絵と同じように断られた。
 「これは年をとりすぎだな。ぼくは長生きしてくれる羊がほしいんだ」
 そのころぼくはエンジンの分解を始めようと急いでいたし、忍耐もなくなってきたので、こんな絵を描きなぐった。
 そして強く言った。
 「これは箱だ。きみのほしい羊はなかにいる」

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。