So-net無料ブログ作成

11


                     3

 かれがどこから来たのかわかるのに、長い時間がかかった。ちいさな王子はぼくにはたくさん質問したが、ぼくの質問はぜんぜん耳に入っていないようだった。たまたま口に出たかれの言葉から、すこしずつ、すべてが明らかになっていった。たとえば、かれが初めてぼくの飛行機を見たとき( 飛行機の絵は描かない。ぼくには複雑すぎる絵だから )かれはぼくにたずねた。
 「この物はいったいなんなの?」
 「これは物じゃないよ。これ飛ぶんだ。飛行機だよ。ぼくの飛行機なんだよ」
 ぼくは空を飛んでいたことをかれに教えて誇らしかった。するとかれは大声で言った。
 「なに! きみは空から落ちてきたんだ!」
 「そうなんだ」 ぼくは謙虚に言った。
 「ああ! それっておかしいよ! . . .」
 そしてちいさな王子がとてもかわいく、はじけるように笑ったので、ぼくはとてもいらいらした。人にはぼくの災難をまじめに受けとめてほしいんだ。それからかれはつけ加えた。
 「それなら、きみも空から来たんだ! どの星の人なの?」
 すぐにぼくはかれの存在の謎に、ほのかな光を見た。そこでぼくはいきなり質問した。
 「きみはほかの星から来たのかな?」

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。