So-net無料ブログ作成

30

30.jpg

 かれはもうなにも言うことができなかった。急に泣きじゃくりだした。夜になっていた。ぼくは道具を両手からすべり落としていた。ハンマーも、ボルトも、のどのかわきも、死も、もうどうでもよかった。星、惑星、ぼくの惑星、地球の上に、なぐさめなければならない、ひとりのちいさな王子がいたんだ! ぼくはかれを両腕で抱きあげ、静かにゆすった。ぼくはかれに言った。「きみの愛してる花は危なくないよ. . . きみの羊に口輪を描いてあげるよね. . . きみの花のために囲いを描いてあげる. . . ぼくは. . . 」 ぼくはなにを言えばいいのか、わからなかった。自分がとても不器用に感じた。どうすればかれの心まで届くのか、どこでかれとわかりあえるのか、ぼくにはわからなかった. . . とっても不思議なんだ、涙の国って!

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。