So-net無料ブログ作成
検索選択

31


                     8

 ぼくはすぐにその花のことを、もっとよく知るようになった。ちいさな王子の星には、花びらが一重(ひとえ)で場所もとらず、だれのじゃまにもならない、つつましい花がいくつも咲いていた。それらはある朝、草の中から顔を出し、その晩になると見えなくなっていた。ところがちいさな王子のその花は、どこからともなく飛んできた種から、ある日芽をだしたものだった。ちいさな王子はほかのものとは似ていない、その茎を、とても近くから見張っていた。それは新種のバオバブかもしれなかったから。しかしそのちいさな木はまもなく成長を止め、花をつけ始めた。大きなつぼみがふくらんでいるのを見ていたちいさな王子は、そこから奇跡のような花が現れるのを感じていた。しかしその花は緑の部屋に守られながら、美しくなる準備をやめそうになかった。念入りに色を選んで、ゆっくり服を着て、花びらを一枚一枚あわせていた。ひなげしのように、しわだらけで出ていきたくなかったんだ。美しさでいっぱいに輝いていなければ、現れたくなかった。まさにそのとおり! とてもおしゃれな花だったんだ! だから神秘的な身じたくは何日も何日も続いた。そうしてある朝、ちょうど日の出の時刻に花の姿を見せたのだった。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。