So-net無料ブログ作成
検索選択

32 33

32.jpg

 それほどきっちりお化粧した花は、あくびをしながら言った。
 「あー! 目がさめたばかりよ. . . ごめんなさい. . .
まだ、髪がとても乱れてて. . . 」
 ちいさな王子はそのとき感心して、ほめないわけにはいかなかった。
 「なんてきれいなんだろう!」
 「でしょう」 花はゆっくり答えた。
 「それにわたくし、お日さまといっしょに生まれましたの. . . 」
 ちいさな王子は花があまりひかえめでないことを見ぬいた。でも感動するほどきれいだった!
 「朝食のお時間ですわね」 花はまもなくつけ加えた。「わたくしのこと、考えていただけますでしょうか. . . 」
 ちいさな王子はすっかり恐縮して、冷たい水がはいったじょうろを取りにいってから、花にかけてあげた。

 そういうわけで、気分を害しやすく見栄をはりたがる花の性格によって、すぐに花はかれを苦しめていた。たとえばある日、花は自分の四つのトゲについて話しながら、ちいさな王子に言った。
 「爪のある虎がきても平気よ!」

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。